セミナーに参加して来ました

漢方のセミナーに参加してきました。 人間では一般的な診療にも漢方が取り入れられていますが、動物では漢方を使うことは殆どありません。

大学の授業でも漢方を学ぶ機会はないため、自分を含め多くの獣医師は漢方の知識が乏しいのが実情です。

しかし、ペットも高齢化社会を迎え、人間と同じように慢性疾患を患う子が増えています。 多くの慢性疾患は「治す」というより「病気と上手に付き合っていく」ことが治療の目標となり、治療期間も長期間にわたることになります。

このような慢性疾患の治療やいわゆる「未病」の段階からの治療には漢方は優れた治療の選択肢と考えられます。

現時点では漢方と言うと西洋医学では打つ手がないような末期の子に使ったり、西洋医学を否定的に考える方が使用する怪しい薬といったイメージもありますが、動物たちがより良く生きていくことができるように通常の診療に漢方もうまく取り入れていくことが出いればと考えています。


ジョン動物病院のブログをご覧いただきありがとうございます。

私たちは、東京都町田市にある『小さなことも大きなことも相談していただけるように取り組んでいる』 動物病院です。

病院名は院長が初めて飼った犬で、獣医を志すきっかけともなったジョン君から名前をもらいました。 純粋に動物のことが好きで獣医に憧れた初心を忘れず、動物と飼主様が共に幸せに過ごしていけるお手伝いをしていきたいと考えております。

病気のことだけではなく、飼い方やお食事の相談など気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA