犬の短頭種気道症候群

短頭種気道症候群とはその名の通り短頭種と呼ばれる鼻ぺちゃの子に呼吸のトラブルを生じさせる異常です。また、短頭種気道症候群の子は高率に嘔吐や下痢など消化器系の異常も認めることが知られています。特にフレンチブルドッグは短頭種気道症候群の症状が重症化しやすいと報告されています。

短頭種起動症候群の子は常に息苦しさを感じている状態です。人間も細いストローを咥えてそこから呼吸することで気道が狭い子の呼吸を疑似体験することができるので試してみてください。

軽症であれば内服薬や喉の冷却などでコントロールすることもできますが、徐々に重症化していき最終的には手術が必要となることもあります。 また、重症化してから手術するよりも軽症のうちに手術したほうが手術の成績が良いためリスクが高いと考えられる子ではより早期に手術を行うこともあります。

今回はブリーダーから保護されたワンちゃんに対して軟口蓋切除術と外鼻腔拡張術を行いました。

向かって左(ワンちゃんの右鼻)が拡張術後です。この後反対側も同じように手術を行いました。

軟口蓋は喉の奥のため写真が撮れませんでしたが、軟口蓋切除術と外鼻腔拡張術が終わった後はガーガーという呼吸音も小さくなり、呼吸の改善が認められました。

短頭種を飼っていて呼吸の音が大きい、いびきが大きい、吐きやすい、下痢しやすいなどの症状が見られる場合は早めに病院までご相談ください。


ジョン動物病院のブログをご覧いただきありがとうございます。

私たちは、東京都町田市にある『小さなことも大きなことも相談していただけるように取り組んでいる』 動物病院です。

病院名は院長が初めて飼った犬で、獣医を志すきっかけともなったジョン君から名前をもらいました。 純粋に動物のことが好きで獣医に憧れた初心を忘れず、動物と飼主様が共に幸せに過ごしていけるお手伝いをしていきたいと考えております。

病気のことだけではなく、飼い方やお食事の相談など気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

犬の乳歯遺残