犬の短頭種気道症候群

4歳のフレンチブルドッグの女の子です。

 避妊手術と同時に短頭種気道症候群に対する治療を行いました。

 短頭種気道症候群とはその名の通り、短頭種で見られる呼吸の異常を呈するいくつかの病気の総称です。

 短頭種気道症候群の治療法には様々な方法があるのですが、今回は軟口蓋過長症に対する軟口蓋切除術と外鼻腔狭窄に対する垂直楔形切除術を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1枚目が術前で2枚目が術後です。 腫れた軟口蓋で塞がっていた喉の奥までしっかり見えるようになりました。

こちらも1枚目が術前で2枚目が術後です。 狭くなった鼻の穴を広げて呼吸がしやすくなりました。

このワンちゃんは手術前は常にガーガーと苦しそうな呼吸をしていましたが、術後はかなり楽に息をすることができるようになりました。


ジョン動物病院のブログをご覧いただきありがとうございます。

私たちは、東京都町田市にある『小さなことも大きなことも相談していただけるように取り組んでいる』 動物病院です。

病院名は院長が初めて飼った犬で、獣医を志すきっかけともなったジョン君から名前をもらいました。 純粋に動物のことが好きで獣医に憧れた初心を忘れず、動物と飼主様が共に幸せに過ごしていけるお手伝いをしていきたいと考えております。

病気のことだけではなく、飼い方やお食事の相談など気になることがありましたらお気軽にご相談下さい。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA