犬の歯石除去(スケーリング)

スケーリングを行うのは歯石が大量に付着して歯周病を起こしている中高齢のワンちゃんが多いのですが、今回スケーリングを行ったのはまだ3歳と若いワンちゃんでした。 身体検査で軽度の歯石と歯肉炎が認められたため、将来的な歯周病やそれに伴って生じる様々なリスクを予防するためにスケーリングを行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

軽度とは言ってもほとんど全ての歯の根元には歯石が付着しています。

レントゲン検査でも顎の骨(歯槽骨)はしっかりしています。 外から見ただけでは歯根の状態は評価できないので、歯石が少ししかついていなくてもレントゲンで歯根の状態を確認します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スケーリング後です。白くきれいな歯になりました。 もちろん抜歯しなければならないような歯は1本もなく、麻酔時間も短時間で終わらせることができました。

ワンちゃんも人間と同じで健康なお口の状態を維持するためには日常的にお家で行うオーラルケアと定期的に病院で行う口腔処置が必要となります。 今回のワンちゃんのように悪くなる前から定期的にスケーリングを行うことで健康なお口の状態を長く保つことができます。

歯周病につきましてはこちらもご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA