チヒロの心臓検診

チヒロがうちの子になってから約3ヶ月が経ちました。 新しい環境にも慣れて看板犬(最近は番犬かも?)として頑張ってくれています。 チヒロは心臓の病気(僧帽弁閉鎖不全症)のため、飼い始めた時から心臓の薬を飲んでいます。

幸い、咳や疲れやすいなど心臓病の症状は出ていませんが、外から見ただけでは心臓の状態がわからないので心臓の検査を行いました。

レントゲン検査です

健康な子と比べると若干の心陰影の拡大が認められます。

続いて超音波検査です。

前回の検査と比較すると多少の変動はありますが、ほぼ同じ状態を維持できており、今と同じお薬を続けていて大丈夫そうです。

3ヶ月前と比べてそんなに変わらないのは当然だと思われるかもしれませんが、ワンちゃんは人間の4倍のスピードで年を重ねていくため、犬の3ヶ月は人間の1年に相当します。

少し検査の頻度が多いように感じるかもしれませんが、心臓病や腎臓病など慢性疾患を抱えているワンちゃんは3ヶ月以内での検査をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA